冬ライドの手足の冷え対策の決定版!

今年は比較的暖かい日が多いですが、年も明けてこれから本格的な寒さがやってくる頃かと思います。
末端冷え性の僕は、毎年この時期になると手の指やつま先が冷えて痛くてどうしようもなくなるので、冬場のバイク練習がとても苦手でした。
寒さ対策として、カイロに始まり色んなグローブやシューズカバーを試したのですが、ことごとく失敗に終わっていました。
しかし、今回ようやく良いアイテムを見つけたので紹介します。

手先の冷えについて

これは、結果的にはパールイズミのヒーターグローブを買うことができるぐらいに色んなグローブを試しました。
中でもマイナス9℃からマイナス26℃に対応しているBlack Diamondのソロイストを昨シーズンに購入したもの、やはり寒さからくる痺れと痛みは解消されることがありませんでした。
で、今シーズンは何かとアイテムを購入しているので、予算的にパールイズミのヒーターグローブは断念せざるを得なかったのですが、Amazonで販売していた激安のヒーターグローブを購入してみました。

電熱グローブ
電熱グローブ

すると、これが案外使えて、これならもっと早いうちに買えば良かったと思いました。
Amazonのレビューではあまり良くなくて、初期不良は早期の故障など結構見かけたのですが、値段的に1シーズンか2シーズン使えれば良いかなと思ったのが決め手でした。
バッテリー式と書いていましたが、実際には単三電池で稼働なので、僕は充電池を使っていますし、モバイルバッテリーも小型でかなり安価のものがあるので、今後はモバイルバッテリーも試してみたいと思います。
手の甲に電源ボタンがあり、これで電源のオン・オフと3段階の温度調整ができます。
このグローブのデメリットとしては、やはりグローブを装着した時のボリュームがそれなりに大きくなるのと、自転車用に作られていないので鼻水拭き用のフリースが無いのがマイナス点ですね。

電池式で3段階の温度調整可能な電熱グローブです。自転車、オートバイ、スキーなどで大活躍。

つま先の冷えについて

つま先については、ネオプレンのつま先カバーの上からシューズカバーをしていたのですが、全く聞かず、ただただ耐えるばかりでした。
そんな中で、本来は手用の小型のヒーターフィルムを発見。

本来は手袋の中に入れるための商品なのですが、これを足先用に使えるんじゃないかと思い購入。

この品物単体では1つの電源から2つのヒーターを発熱させる仕様だったので、別売のコードを購入して、安いモバイルバッテリーを組み合わせてシューズカバーに忍ばせました。

電熱シートをトゥーカバーに入れます。


別売り用の電源コードはUSBからDCプラグに変換するもので、DCプラグ側は色んなタイプのものが付属しているので、手袋側のプラグに合うものを使います。

別売りのコード
別売りの電源用コード

モバイルバッテリーは四角いタイプと円筒形のタイプを試したのですが、僕は四角いタイプが気にならなかったです。

モバイルバッテリー
電熱シート用モバイルバッテリー


今回試したバッテリーで、3時間半ぐらいのライドで半分ぐらいの電力消費だったので、早朝~午前中の一番寒い時間帯はしのげるかなと思います。
あと、重さもほとんど気にならず、とにかくつま先が冷えて痛くなるという何とも言えない苦痛から解放された方が大きくて、少々のデメリットは消えてしまいます。

実際に使ってのテストライド
テストライド時の様子


デメリットとしては、出発の時に準備に時間がかかるのと、モバイルバッテリーをシューズカバーに入れるので、少し違和感があるということでしょうか?

手持ちのお気に入りの手袋、お好きな手袋をあったかヒーター付きにすることができます。
両足や両手に使う場合は2つ購入する必要があります。
両足や両手に使う場合は2つ購入する必要があります。

予算について

グローブとつま先対策と合わせて10,000円ぐらいで全て揃います。
つま先用に購入したモバイルバッテリーはもう少し容量が小さくて価格も安いタイプがあるので、そちらにするとさらに予算を抑えることができますし、寒さ対策以外にも遠征時のスマホやレンタルWi-Fiの予備電源としても使えるので、持っていて損はないかと思います。

僕が購入したタイプより安価ですが電池容量が少ないです

まとめ

今回の寒さ対策は、あくまでも僕個人の意見ですが、厳冬期にいかに快適に実走することができるかなので、細かいことは一切無視しています。
細かいこと気にするようならば、寒さを我慢するか、家でローラーします。
また、予算の都合がつくのならばパールイズミから出ているヒーター付きのものを購入するのをおすすめします。
やっぱり専用品には敵いませんから。
ということで、今までさんざん失敗してきた寒さ対策にようやく終止符を打てたMalcottoでした。

タイトルとURLをコピーしました