トライアスロンを始めるときのバイク(自転車)選びについて(ロードバイクとTTバイクの違いとか)

トライアスロンで一番長い種目であり、唯一機材を使う種目がバイク(自転車)です。
これから始める人はどんなバイクを買えばよいのか?
また、すでにロードバイクでトライアスロンをしている人だとTTバイクってどうなんだろう?という疑問があるかと思いますので、僕なりの考え方を書いてみます。

僕の使用している機材

現在使用している機材はSPECIALIZEDのSHIV(いわゆるTTバイク)を使用しています。
(詳細については、別記事に載せています。)

ロードバイクとTTバイクの違い(ロードバイクとTTバイクの違い)

まず、見た目で大きく違うのはハンドル周りでしょうか?


ロードバイクはドロップハンドルなのに対して、TTバイクはベースバーといわれるブルホーンハンドルにDHバー(エアロバーとも言います)が付いています。
TTバイクではこのDHバーの肘置きに肘を置いて、上半身をかなり深く前傾させた空気抵抗の少ない姿勢(いわゆるエアロポジション)で乗ります。
ちなみに、このDHバーに肘を置くエアロポジションなんですが、これは決して肘置きにもたれ掛かって楽をするためのものではなく、あくまでも空気抵抗を減らしつつ、深い前傾姿勢によりペダルに体重が乗りやすくするのが目的です。(勘違いしている人は多いですが。)
サドルとクランクの位置関係もロードバイクに比べて、深い前傾姿勢の状態でペダリングがしやすいようになっています。(シート角度が立っている)

あと、ここからは僕個人の感覚になってくるのですが、乗り比べると分かるのはロードバイクの方が軽く感じて、もっと感覚的に言うと振り回しやすいです。
振り回しやすいってなんだ?って話になるのですが、分かりやすいのはダンシング(立ちこぎ)の時なんかTTバイクに比べるととても軽く感じますね。
ですが、色んな種類のバイクを乗り比べたワケではないので、その軽く振り回しやすく感じるのがロードとTTの違いなのか、それともそもそもバイクが違うからなのか、はっきりと言い切る自信はありません。
ただ、確実に言えることは脚を止めたときの減速の少なさです。
これは体感と数値の両方で分かると思うのですが、普段はずっとTTバイクで練習していて、たまにロードバイクに乗ると、ふとペダルを回すのを止めたときにブレーキ掛けたんじゃないかと思うぐらいにスピードが落ちていきます。
なので、スピードが落ちにくいということは、少々止めても元のスピードに戻すために使う力が少なくて済むということになります。
ということから、TTバイクの最大のメリットは少々脚を止めてもスピードが落ちにくいので、ロードバイクに比べると疲労が少ないというところだと思います。

最初の1台は?

今現在、バイクを持っていない場合はロードバイクから購入した方が良いと思います。
理由はやはりTTバイクはポジションを含めて少し特殊なので、バイクの基本的な乗り方なんかを習得するにはロードバイクが良いと思います。
すでにロードバイクを持っている人が、TTバイクを購入するのを検討している場合も、ロードバイクを1台は置いておいた方が良いと思います。

2台持ちのメリットとデメリット

ロードバイクとTTバイクの2台所有する場合のメリットとデメリットとしては、

【メリット】
・万が一、片方のバイクが故障等発生し乗れなくなった場合でも、練習することが出来る。
・遠征前に早めにバイクを梱包しても、練習することが出来る。
・気分転換になる。回復走やオフシーズンの時に、がっつり練習というほどでもないけどバイクには乗っておきたいといったときに、ロードバイクの方が気楽で僕は好きです。
【デメリット】
・お金がかかる。(初期投資)
・保管のスペースが2台分必要となる。

レースで使うならどっち?

僕の場合、レースで使うのはショート(めったに出ませんが)でもロングでもTTバイクを使用します。
人によってショートのレースはロードバイクでっていう人もいますが、トータルで見ると減速しにくいTTバイクが有利だと思います。
また、TTバイクはアップダウンがあるコースは不利だという人もいますが、僕の場合、上りもTTバイクの方が速いのと下り坂の勢いを次の上りに利用したりするのでTTバイクを使います。
(TTバイクの方が上りは速いのは慣れもあるかもしれません)

まとめ

といった感じで、当たり前と言われそうなんですが、出来れば2台体制で行くのがベストで、どうしても1台体制でないと無理な場合は、最初はロードバイクで次にTTバイクに乗り換えるの良いのではないかと思います。
しかし、ロードバイクでも普通にIRONMANは完走できますし、最終的にはエンジン(人間)の要素が一番大きいので、そこは忘れてはいけないと思います。

※ 実際のバイクを買うときは、気に入ったバイクを選ぶのが一番良いと思います。
気に入ったものは大事にするし、見ても乗っても楽しいですしね。
これって案外重要な事だと僕は思います。

タイトルとURLをコピーしました