TTバイクへの前後ライトの取り付けについて

前回、バイクでのライトの必要性について書いてみたのですが、意外とTTバイクにライトを取り付けるのは、TTバイク独特の形状により難しかったりします。

そこで、今回は僕の使っているライトと取り付け位置を紹介させていただきます。

TTバイクへのライト取り付けについて

ロードバイクだと色んなアタッチメントが存在しているので困らないのですが、TTバイクの場合はDHバーとの干渉やベースバーの形状からなかなか取り付ける場所が無かったりします。

では、僕が過去に取り付けていた場所を紹介していきます。

肘置きの高さ調整ブロック

TTバイクへ取り付ける場合、よく見かける専用のアタッチメントはエアロ形状の関係で付けることが難しいので、汎用品のライトホルダーを使っていました。
この場所も悪くは無いのですが、ポジションの関係で高さが足りなくなってきたので場所を変えました。

DHバー

肘置きの高さ調整ブロックへの取り付けが難しくなったので、とりあえず付けたのがここです。
ですが、僕の場合はDHバー自体がやや上を向いているので、とりあえずライトは付いているという状態で、実質的にはライトとしての役割は果たしていませんでした。

その他の取り付け方法について

フロントホイールの軸の部分にアタッチメントを付けて取り付ける方法もあるみたいなのですが、ここだとホイールの固定に若干の不安が出るのと、河川敷とかの車止めを通過する際にヒットして壊してしまう確率がかなり高そうだったので止めました。

あと、ステム回りも考えたのですが、Di2の配線との兼合いとDHポジションの時に邪魔になりそうなので止めておきました。

現在の取り付け位置

現在はDHバーには変わりないのですが、CATEYEのフレックスタイトブラケットというものを発見したので、それを使うことでDHバーに取り付けても角度調整が出来るようになりました。
また、ライトはブラケットに合わせてCATEYEの物に変えました。

ライトについて

上記のとおり、良い感じのブラケットが見つかったので、それに合わせたライトを選ぶことに。
CATEYEのVOLTシリーズはHPを確認すると11種類あり、明るさ上位2機種は値段も高額だったのとスマートではなかったので却下、デザインがスマートな物の中で、VOLT400とVOLT800という2つ迷ったのですが、ここはより明るい方を選択。
暗いより明るい方が安全だと判断して購入でした。

VOLT800レビュー

商品レビューを書くのは、結構苦手なので簡単に書きます。
細かい仕様については、メーカーHPで確認出来るのと、CATEYEのHPでは「ビームチャート」と言って、自社のライトの配光パターンや明るさを比較できるようになっているので、購入を検討する場合はかなり参考になります。
https://www.cateye.com/jp/products/headlights/HL-EL471RC/

配光パターンはハイ・ミドル・ロー・点滅(2パターン)となっており、実際に使った感じでは、明るさは市街地を走るには十分問題無いのですが、夜の河川敷や山間部などの灯りが無い環境で走る場合は、ハイだと行けると思うのですが、ハイだと2時間しかバッテリーがもちません。

ミドルだと何とか行けるかな?といった所なんですが、ミドルでも3.5時間しかもたないので、鳥目の僕としては、本格的な夜間走行に使うには、少し難しいかもしれませんね。

ただ、練習で使うのを想定しているので、その場合、山間部へ移動している間にかなり時間が進むことから、実際に夜間の山間部を通過するのは長くても1時間未満なので、そういった使い方だと大丈夫かなと思って購入しました。

もう一つ上のグレードのVOLT1700だと明るさもバッテリー的にも問題なかったのですが、予算と使用頻度を考えてVOLT800にしておきました。

ただ、暗い場所での見える見えないは個人差が大きいので、自分の特性に応じてライトを選ぶのが良いかと思います。

ちなみに、僕は先ほども書いた通り、暗いところは極端に見え難くなるので、少しでも明るくいモデルを選びました。

テールライト

テールライトはBontragerのFlare Rというモデルを使っています。

これは、以前にとある練習会へ行ったときにプロの方が使っておられて、「このテールライトが過去一番遠くまで見えたので、自分も使っている。」と言うのを聞いたので、僕も使うようになりました。

ただ、エアロシートポストには対応していないので、ホームセンターで売っている家具の角に貼るスポンジを利用してSHIVに取り付けています。

まとめ

前回はバイク練習時のライトの必要性を書きましたが、実際にTTバイクにつけるにはどうしたら良いのか僕も試行錯誤したので書いてみました。

しかし、TTバイクでもライトの取り付けは工夫次第で十分可能なので、TTバイクで練習している皆さんも、ライトをつけて少々重くなったり空力が悪くなったりしても、練習なので問題はないので、練習の際にはライトを点灯して、少しでも事故にあう確率を下げる努力はしましょう。

トライアスリートの事故が無くなることを祈ります。

なお、この記事で紹介したアイテムは下記にリンクを貼っておきますので、参考になったので使ってみるかという方のために、リンクを貼っておきます。

VOLT700より明るい800ルーメンを実現しています。
タイトルとURLをコピーしました