パパアスリート必見?育児中のママチャリ選びについて

ロードバイクに乗っていたりすると、中途半端に自転車をいじれる人も多いかと思います。
僕も典型的なそのタイプなのですが、中途半端に自転車がいじれる事が災いして、自転車選びで失敗してしまったお話です。

事の始まり

僕のママチャリは14年前にもらったもので、ちょこちょこと修理しながら乗っていたのですが、新たな不具合が発生したので、これ以上修理に手間とお金を掛けるのは勿体ないという事で、新しい自転車に買い換える事になりました。

我が家の自転車事情

嫁さんは子供が産まれる前に、幼児2人同乗可能タイプの電動自転車を購入したので、現在も保育園の送り迎えの時に、前後に2人の息子を乗せて行動しています。
僕は冒頭にも書いたように、結婚前から使っている普通のママチャリを使っていて、次男が産まれてから荷台にチャイルドシートを取り付けて、長男をスイミングや公園へ行くときに後ろに乗せて使っていました。

いざママチャリ購入

ちょうどイオンから5%オフのクーポンがあったので、近くのイオンへ買いに行くことにしました。
だいたい、どこのイオンでも1階のメインではない出入口の近くにイオンバイクが入っています。
お店に入ると、やはりメインとなるのは電動自転車で、いろんなタイプの電動自転車が並んでいました。
僕たちの目的は、普通のママチャリだったので端の方に並んでいるママチャリコーナーへ。
最初はとにかく安かったら良いかと思っていたのですが、安かろう悪かろうで修理とかで手間とお金が掛かるのも嫌だし、気に入ったものを長く乗る方が良いのではという事になりました。

お気に入り発見!しかし問題が…

いろいろ物色していたら、僕と嫁さんが2人で気に入った自転車があったのですが、それは荷台がなくてスタンドが片脚タイプのものでした。
後ろにチャイルドシートを載せるので、荷台は必要だしスタンドも片脚の物は不安定で危険です。
どうしようか悩んでいたら、嫁さんが色違いの両脚スタンドで荷台付きのモデルを見つけました。
そこで店員さんに、僕が気に入ったモデルに荷台とスタンドを取り寄せて付けることは可能か聞いてみると、同じモデルだしフレームも同じなので大丈夫とのこと。
だったら、部品は探して安く調達して自分で取り付けたら少しでも安上がりになるなと思ったので、荷台無しの片脚スタンドのまま購入することにしました。

致命的な問題が発生…

自転車はお気に入りのものを買ったので、荷台とスタンドの調達です。
スタンドについては、タイヤのサイズと変速の有無と変速機のタイプで選んでいきます。
僕の買った自転車は、27インチで外装6段変速のものでした。
その条件で探してAmazonnで発注。

次に荷台については、高さのサイズがいろいろあるらしく、間違ったサイズのものを買うと荷台部分が前上がりだったり前下がりだったり、チャイルドシートを載せるどころか荷台としての機能しない場合もあるとのことでした。

そうなると、通販で買うのは心配だったので、近くの大手自転車量販店へ行ってみると、高さ以外にも耐えられる重さにも種類があるとのことで、チャイルドシートを載せても大丈夫という規格のものを出してくれました。
高さが合うかどうか現物合わせで見てみると、ほぼ荷台がほぼ水平になるものがちょうど在庫でありました。

が、そこで店員さんに言われたのが、荷台と両脚スタンドの取り付けは、全て後輪の車軸に固定していくのですが、この荷台無しで片脚スタンドの自転車なので車軸の幅が足りなくて固定できないのではないか?ということでした。
確かに、現状でナットからはみ出している部分はほんの少しで、そこに荷台と両脚スタンドの固定部分が入ると、ナットが止められないか止めることが出来ても、しっかりと固定できない可能性が出てきました。

これは全く想定外でした。
だって購入した自転車店の店員が付きますよって言っていたので、部品さえ買って付ければオッケーと思ったいたのですから。

とりあえず荷台を買って考えた

とりあえず、荷台さえあれば最悪は長男なら何とか乗せられるのではないかと思って、その大手自転車量販店で荷台だけ購入。
家に帰って嫁さんにその話をしたら、「購入した店の人は大丈夫だって言っていたから買ったのに、ウソついたから返品だ!」とお怒り。
しかし、防犯登録もしちゃっているし自転車自体は気に入っているので、僕は何とかならないかと色々調べてみると、思ったより単純な方法があることに気づきました。

単純な方法とは?

車軸が短いのなら、長いのに変えてしまえば良いのでは?
そう、短いのなら長くすれば良いというすごく単純な話です。
そこで新しい自転車の部品構成を見てググってみたら、どうやら交換部品もあって、交換作業もそんなに難しくはなさそうな感じでした。
確証はなかったのですが、散々調べておそらく大丈夫だろうという結論のもと、車軸を注文しました。

で、どうなったのか?

結果としては、無事に車軸を交換して荷台も両脚スタンドも取り付けることが出来ました。
作業工程は参考にする人はいないとは思いますが、また後々に記事にして残しておきます。

育児中にママチャリを買う人へのアドバイス

いらぬことはせずに、素直に荷台付きで両脚スタンドの自転車の中から選んでください。
そうすれば、スタンドや荷台を変えないといけなくなったとしても、簡単な部品交換作業だけで済みます。
一番良いのは、チャイルドシートとか子供を乗せることを前提とした自転車を購入するのがベストです。

と、まあ色々書きましたが、こんな面倒な自転車の買い方をする人はめったに居ないと思うのですが、万が一同じような人が居たら何とかなるよって参考になれば良いかと思います。

タイトルとURLをコピーしました