筋トレすると速くなるのか?

タイトルについて結論から言うと、どのように作用したかの結論ではなく、これから筋トレをしていって、自分自身で実際にどのようなメリット・デメリットがあるのかを試してみようという内容になっています。

キッカケ

キッカケは、ちょっとした場面での絶対的なパワーというかスピードが足りないということでした。

これは、僕の特徴でもあり3種目共通していることなんですが、スタミナはある方だと思うのですがスピードが足りないのです。

以前から、正しい動きが出来ていないのに筋トレしてもどうなのかなという思いはあったのですが、最近になって、限られた少ない時間の中で、維持ではなく向上させようと思ったときに、動きの練習に加えて筋力アップさせたら、もう一段レベルアップ出来るのでは?と思ったので、実行することにしました。

具体的な内容について

具体的には24時間ジムに通うことにしました。
ジムに通う目的は、

  • マシンである程度特定の筋肉を鍛えることが出来る
  • フリーウェイトも幅広い重量の物が使える

というところです。
ジム通いを決めた要因としては、

  • 自宅にダンベル系の器具を置くことも出来るとは思いますが、邪魔になるのとケトルベルとサンドバックで代用できる
  • 幸いにも自宅から500mほどのところに地域密着型の24時間ジムがあったので、それなら自宅でも準備と片付けの時間を考えたら、時間的なロスはほとんどない
  • 夏場は退会して、また次の冬場に通う場合、入会金無しで再入会できる

という3点で決めました。

筋トレの内容について

ざっくりとした内容になりますが、

  • まずは、お尻周りを中心にマシンで筋力を鍛える
  • 次にフリーウェイトエリアで全身の連動(神経系)を鍛える

という流れでやってみたいと思います。

あくまでも理想なんですが、マシンである程度の重量で筋力アップして、フリーウェイトでバランスや全身が連動した動きを鍛えることで、トライアスロンというよりは身体全体のパフォーマンスを上げることが期待できるのではないか?という目論見です。

ただ、気を付けないといけないのは、ある程度競技特性に応じた筋トレをしないといけないということですね。

例えば、デッドリフトの場合だと、通常のデッドリフトではなく、股関節の屈曲をメインとした動きをしないと、背中とか見た目は良くなりますが、トライアスロンのばふぉーマンス向上とはちょっと違う結果になりかねません。

この辺りについては、素人の僕の解説ではなく、その競技特性(自転車なら自転車)を良く知っているトレーナーに教わるのが一番の近道です。

どうやるのかが重要なところなのですが、その部分は軽々しく解説出来ないので申し訳ないです。

効果について

とりあえず、1か月とかの単位でなるだけ同じ条件でFTPテストをしてみるなどして、どのような変化が数値として出たのかをまた報告したいと思います。

まとめ

現時点でジムに登録してから3週間ほど経ったのですが、実際にはまだまだ筋トレというよりは筋トレに身体を慣れさせる段階かなといったところです。
個人差はあるかと思いますが、どのような結果になるか楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました