KONAへの道のり~第12話~バイクがやってきた

2009年3月

アキレス腱炎が治りつつあり、スイムも400mを泳げるようになった頃、ようやくフレームが入荷したとの連絡がありました。
せっかちな僕からすると、気が遠くなるほど待った知らせに、いつ完成するかとソワソワしていました。

ある日、会社のロードバイク乗る人にもうすぐ自分の自転車が完成するという話をしていると、ブレーキの話になりました。
どうやら、ロードバイクのブレーキはママチャリとは違って左が前ブレーキ(ママチャリは右が前)にだという事を聞いてビックリ!
今まで自転車も単車も右が前ブレーキというのが身体に沁みついています。
それがロードバイクだけブレーキが逆となっても絶対に対応できない自信があるので、咄嗟の時にとても危険なことになるのは目に見えています。

とりあえず、それは先にお店に確認しなくてはと思って電話してその旨を伝えたら、まだブレーキを組む前だったので右前にしておきますよという返事のあとに、
「今日で全部完成するよ」
との一言が。
嬉しくて仕事終わったら即お店に行くと伝えて、その日はチャイムと同時に会社を飛び出して自転車を取りに行きました。

一旦家に帰って車でお店に行って、初めて自分の自転車と対面。
かっこいい!そして軽い! お店ではギヤチェンジの仕方やロードバイクの注意点など一通り教えてもらって帰宅。
自転車を車から降ろして、やたらと写真を撮って眺めて、新しいオモチャを手に入れた子供状態になっていました。

翌日がちょうど休みだったので、とりあえず乗ってみることにしました。
最初はヘルメット被って自転車に乗るのも変な感じでいきなりビンディングは怖かったのでランニングシューズで近くの河川敷へ。

おお~とは思ったものの、想像以上にスピードが出せない。
さらに変速も難しい。
頭の中ではビュ~んと格好よく颯爽と走れるイメージだったんですが、現実は甘くはなく、バイクは苦手かも?という不安が横切るロードバイクデビューでした。

タイトルとURLをコピーしました