KONAへの道のり~第24話~NEW BIKE計画とIRONMANが無くなった日

2010年10月

IRONMAN70.3セントレアで今までにない規模の大会に出て、色んな選手を見てて思うことがありました。
「カッコいいバイクが欲しい!」

はい、まだトライアスロンを始めて2年目でバイクも買って1年半なんのは十分承知なのですが、IRONMANは選手も華やかなんですが、それに伴って皆さん使っている機材も華やかだったんです。

ですが、独身で我慢が出来ない男の子だった僕は、簡単に物欲に流されて新しいバイクを買うべく、資金調達に走りました。

そんな物欲に流されてワクワクしている2010年の冬、僕にとって衝撃の出来事がありました。

少し時間は戻って2010年5月。

当時、長崎県五島列島で開催されていたIRONMAN JAPANが宮崎県の口蹄疫問題の影響で中止になりました。

僕は1年目はショート、2年目はミドルと少しずつ距離を伸ばして3年目にロングで最大目標である2011年のIRONMAN JAPAN出場を目指していました。

何も知らなかった僕はこの年だけ中止になって翌年から再開されるものだと思っていたのですが、実は2011年以降は五島市とIRONMANを所管しているWTCとの間で「IRONMAN」の商標使用に関する契約はされておらず、2010年の中止を最後に日本からロングディスタンスのIRONMANが無くなってしまいました。

2010年9月に大会実行委員会が開催されて細かい調整が行われ、最終的には福江市議会を経て翌年(2011年)以降については、同じ距離やコースでIRONMANの冠の無い新たな称号の大会を開催することを決定しました。

ちなみに、2010年のIRONMAN JAPANは代替大会として韓国の済州島で行われていた「済州国際トライアスロン大会」にIRONMANの冠が付くことになりました。

IRONMANに出たくて始めたトライアスロンでしたが、このIRONMAN JAPANの中止によって僕がIRONMANの称号を手に入れるのに、あの動画を見てIRONMANに魅せられた日から7年もの月日が必要になるとは、この時は思いもしませんでした。

タイトルとURLをコピーしました