KONAへの道のり~第42話~バラモンキングを振り返る

レースを結果(タイム)を交えて振り返ってみましたが、内容としては個人的なメモみたいな内容となってしまいました。少し長くなってしまいましたが、ご容赦くださいませ。

結果

総合タイム…11時間29分42秒
順位…総合61位(エイジ21位)
完走…450人(完走率88%)
スイム→1時間19分20秒(182位)
バイク→6時間16分02秒(87位)93位で通過
ラン→3時間54分00秒(41位)
(T1→6分59秒、T2→4分27秒)

スイム編

今回はどの位置からスタートするか、ずっと悩んでいました。

フローティングスタートだったので、とりあえずスタート付近へ行くと、何人か知り合いが居たので、少しお喋り。

で、スタート直前になって気付いたのが、結構前に居るということ。
まあ、いっかと思っていざスタート。
フローティングだからか、人数が600人弱と少ないからか、思ったよりはもみくちゃにならなかったです。

バトルもずっとあると言えばあるんですが、冷静に空いているポジションを探しながら、蛇行してきた人を避けながらも、冷静に泳げました。

いつもは調子が良くても、最初のうちは、海イヤイヤ病に悩まされるのですが、今回はそれもなく、ビックリするぐらい冷静に泳げました。

一番奥からの折り返し以降が、若干目標が取り難かったです。やはりOWでの経験値をもっとあげて、いろんなコースに対応できるようにしなければダメですね。
2周目に入ってからペースを上げたつもりだったんですが、タイムを見ると、ほぼイーブンペースでした。

最後の方は前腕部が若干だるかったので、ちょっと力が入り過ぎていたのかって思いました。
今回はやっと目標だった50m1分ペースでいけたのが嬉しかったです。

バイク編

バイクは前々から噂に聞いていたのと、前日の下見でだいぶ雰囲気は掴んでいたので、周回コースの1周目が終わるまでは、抑えて行こうと思っていました。

サイコン上ではバイクは6時間4分21秒、90km地点で3時間2分と驚くぐらいのイーブンペースとなっていました。

まあ、コースの違いがあるので、一概に言えませんが、データを見ると、周回コース内では同じ場所は同じペースで走っているので、周回コース内は同じリズムで走れたのかと思います。

補給に関しては、今回は羊羹3つ、ここでジョミをフラスコに8本、パワージェル3つを装備、あとはスペシャルニーズバックにコーラとミニおにぎり2つを忍ばせて2周目(138km辺り)で取ろうと思っていました。
羊羹は思ったより食べにくかったです。エイドの手前で食べようと思ってたからかもしれませんが、口の中が一杯になります。味がどうこうとかではなく、もう少し小さい方が食べやすいのと、なかなか開けにくかったです。平地で巡航できる区間があれば、そこで食べれたんですが、なかなかそんな区間がなかったからキツかったですね。

10~15kmおきに、羊羹とここでジョミを交互にとろうと思っていたのですが、ここでジョミをフラスコに入れたので、1回での摂取量が多かったらしく、3回目ですでにほとんどなくなりました。大失敗。
それと、羊羹も食べるのが面倒になってきて、90km以降はスペシャルバッグまで、水分のみでいきました。

贅沢を言えば、エイドで米系の食べ物が欲しかったです。
スペシャルニーズバッグをとってからは、十分に温くなったおにぎりとコーラでなんとかエネルギー確保。ラストはパワージェルで、ランに向けて最後のエネルギー補給をしました。

バイクの目標タイムは6時間(トランジット抜き)だったんで、問題なし。あのコースでこの時間なら、確実に去年よりはレベルアップしているかと思います。

ラン編

さて、問題のランです。ラン単体での走力は少しずつ上がってきていると思うんですが、トライアスロンのランになるとすっかり走れなくなります。
バイクで脚を使いすぎているだけなんでしょうが、今回もやはり撃沈してしまいました。

1周目→約1時間13分(キロ5分14秒)
2周目→約1時間19分(キロ5分41秒)
3周目→約1時間21分(キロ5分48秒)

1周目の後半から左ハムストが痙攣を始めて、2周目に入ったら今度は右の脛に激痛が走りだして、右足首が動かなくなりました。

3周目はなんとかペースアップしたつもりだったんですが、やはり誤魔化しきれずでした。
補給はここでジョミとブトウ糖の錠剤。後はエイドでのコーラでしたね。

暑さも厳しくなく、コンディションとしてはかなり良かったはずはので、今回は純粋に僕の実力を反映された結果だと思います。
ロングのランで、なんとか3時間半で行きたいと思っているのですが、まだまだ先は長いみたいです。

総括

今回のレースを振り返って、改めて自分の弱点が浮き彫りになったり、以前よりレベルアップした部分があったりと、やはりレースは日頃の練習どおりの結果が反映されるんだと痛感しました。

特にロングは誤魔化しが効かない距離なので、もっともっと先を見据えて、真剣に練習をしないと、さらなるレベルアップは難しいと思います。

さて、次はもう3週間後に迫った皆生です。
コース的には難易度は落ちますが、今度は灼熱の地獄が待っています。
去年は初ロングで見事に洗礼を浴びた場所でもあるので、去年よりレベルアップした自分でリベンジしたいものですね。

あと3週間しかないのですが、相変わらず公私共に絶不調の真っ只中、言い訳しないで済むように頑張って行きたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました