KONAへの道のり~第9話~好調の初フルマラソン

12月に自転車を注文したものの、次年度モデルの出荷はまだまだ先との事。
とりあえず、手軽に出来るランだけはサボらず続けていると、タイムも順調に伸びてきました。

翌年1月に出た高槻シティ国際ハーフマラソンでは1時間31分23秒(40歳以下の部で138位)というタイムで完走。
当時の5mごとのラップを見てみると、
 5km→23:40
 10km→23:06
 15km→20:12
 20km→20:27
といった感じで、後半上げていく余裕ぶり。

この絶好調の流れで2009年2月2日に開催された木津川マラソンでの初フルマラソンへ突入しました。
この頃になると、ちゃんとしたランニングシューズで走るようになっていて、そのシューズを買った靴屋さんの人にアドバイスをいただいて、設定ペースを初ハーフマラソンと同じくキロ5分に設定。
それでも、それで走り切れたら凄いよって言われたので、意地でも走り切ってやろうと活き込んでの参加でした。

実際のレースの方は前半でトイレに行きたくなって仮設トイレに入るも渋滞。
まあまあタイムロスして再開するも10km付近でまたまたトイレストップ。
が、脚の方はかいちょうだったので30km過ぎてからペースアップ!
初フルマラソンを3時間32分29秒で完走することが出来ました。
ラップタイムも
 5km→29:49
 10km→25:01
 15km→26:18
 20km→24:56
 25km→25:20
  30km→24:28
 35km→23:54
 40km→23:03
 ラスト→9:36
と、中間地点から徐々にペースアップしていって、言うことなしのフルマラソンデビューでした。当時の練習は、後半ペースを上げるビルドアップ走ばっかりやっていたので、結果としてマラソン本番でもそんなペース配分が身についていたんでしょうか。

ここで、一気にランに自信を持った僕は次の大会でさらにタイムアップを狙って、練習を重ねていくのでした。

タイトルとURLをコピーしました